食洗器を新設する為のスペース、費用、どのタイプを選ぶべきかを解説していきます

食洗器を新設する為のスペース、費用、どのタイプを選ぶべきかを解説していきます

はじめに
食洗器の導入を考えている方にとって、スペースや費用、そしてどのタイプを選ぶべきかは重要なポイントです。この記事では、これらのポイントについて詳しく解説し、最適な選択をサポートします。

1. 食洗器を新設するためのスペース

キッチンのスペース確保
食洗器を設置する際、まずはキッチンのどこに設置するかを決める必要があります。一般的に以下の場所が候補となります。

①シンク下
シンクの下に設置することで、スペースを有効活用できます。

②カウンタートップ
小型の卓上型食洗器は、カウンタートップに設置できます。

③専用のキャビネット
ビルトインタイプの場合、キッチンキャビネットに組み込む形で設置します。

設置に必要な寸法
食洗器の寸法は製品ごとに異なりますが、一般的なサイズは以下の通りです。

ビルトインタイプ
幅60cm、高さ85cm、奥行60cm

卓上型
幅55cm、高さ45cm、奥行50cm

設置場所の寸法を正確に測り、選ぶ食洗器が収まるか確認しましょう。

2. 食洗器の費用

初期費用
食洗器の初期費用は以下の項目で構成されます。

本体価格
ビルトインタイプは約10万円~20万円、卓上型は約3万円~8万円

設置工事費用
ビルトインタイプの場合、設置工事費用が約2万円~5万円かかります。卓上型は設置工事が不要な場合が多いです。

3. 食洗器新設でシンク下をつかうには?

シンク下に食洗器を新設する際には、以下のポイントを押さえる必要があります。

設置条件
シンク下に食洗器を設置するには、以下の条件を満たす必要があります。

配管の接続
排水管と給水管が接続できる位置にあることが必要です。事前に配管工事が必要になる場合もあります。

電源の確保
食洗器用の専用コンセントが必要です。電源の確保が難しい場合は、電気工事が必要になることもあります。

設置方法
具体的な設置方法については、以下の手順を参考にしてください。

①シンク下のドアを外す
食洗器を収めるために、シンク下の収納スペースのドアを外します。

②配管の準備
排水管と給水管を適切に配管します。必要に応じて配管工事を行います。

③食洗器の設置
食洗器を設置場所に収め、配管と電源を接続します。

④動作確認
食洗器を動作させ、漏水や電気トラブルがないか確認します。

4. 食洗器のランニングコストは?

食洗器のランニングコストは、主に電気代、水道代、洗剤代で構成されています。以下に詳しく解説します。

1. 電気代
食洗器の1回あたりの電気代は、約20.8円とされています。使用するコースや機種によって若干の違いがありますが、一般的にはこの程度のコストがかかります。

2. 水道代
食洗器は手洗いに比べて水の使用量が少なく、1回あたりの水道代は約2.9円です。これは節水効果が高いことを示しています。

3. 洗剤代
食洗器専用の洗剤を使用する必要があり、1回あたりの洗剤代は約3.2円です。これも他の費用と合わせて考える必要があります。

4. 総コスト
これらを合計すると、食洗器1回あたりのランニングコストは約26.9円となります。また、年間でのコストは、手洗いに比べて約8,570円の節約が可能とされています。

節約のコツ
食洗器のランニングコストを抑えるためのコツとして、以下のポイントが挙げられます。

効率的な使用
食器を適切に配置し、スペースを無駄にしないようにする。

エコモードの活用
エコモードを使用することで、電気代や水道代を節約できる。

定期的なメンテナンス
食洗器を定期的に清掃することで、効率を保ち、無駄なエネルギー消費を防ぐ。

5. 食洗器のタイプ別特徴

ビルトインタイプ 
ビルトインタイプはキッチンキャビネットに組み込まれるため、見た目がすっきりします。大型で一度に多くの食器を洗えるのが特徴です。しかし、設置には工事が必要で、費用も高くなります。(他ブログ参照)

卓上型
卓上型は小型で、カウンタートップに置ける手軽さが魅力です。賃貸住宅などでも設置が可能で、工事が不要な場合が多いです。ただし、一度に洗える食器の量が少ないため、家庭の人数が多い場合は不向きです。

タンク式
タンク式食洗器は水道に直接接続しないため、どこにでも設置できる自由度があります。水をタンクに入れる手間がかかりますが、配管工事が不要で、費用を抑えられます。

おすすめの食洗器

パナソニック SOLOTA
パナソニックのSOLOTAは、工事不要の卓上型食洗器で人気があります。省スペースで設置でき、使い勝手が良いと評判です 。

SJM-DWM6UVC
SKJAPANのSJM-DWM6UVCは、標準コース、強力コース、スピーディコースなど多彩な洗浄コースを持つ高性能な食洗器です 。

まとめ

食洗器を新設する際には、まずスペースの確保と費用の見積もりが重要です。ビルトインタイプ、卓上型、タンク式など、それぞれのタイプには異なる特徴があります。ビルトインタイプは見た目がすっきりし、大容量ですが設置工事が必要です。卓上型は工事不要で手軽に導入できますが、容量は小さめです。タンク式は配管工事が不要で設置場所の自由度が高いです。これらの特性を理解し、自分のライフスタイルに合った食洗器を選びましょう。

関連記事